2013年12月28日

情報って、意外にダダもれ?

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000079-mai-soci

 ちょっと気になったので調べていたのだ、自分のPCには入っていないので関係ないのだが、別件でこっちの方が不味いのではと言う話が引っかかった。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120906/421121/
 知っている人は今さらなのかもしれないが、セゾンカードのツールバーをインストールすると、Webサイトの全閲覧履歴を他社のサーバーに送信する仕様で、その送り先がNHN 韓国の会社である。
 去年、Windows8に切り替えた時に、IEにこのツールバーを入れていたっけ。(アマゾンなどで買い物をするときに、セゾンのページにつながなくてもポイントをアップできたため)
 それで、最近、Firefoxにこのツールバーが入れた時、そういえば関係会社に情報を送ると言う規約が出ていたけど、まさか買い物に関係ない全閲覧データまで送っていたとは…。
 正直、自分が甘かったとしか言いようがない。
 まー、今のところカードの不正使用とかは無いので大丈夫だろうと思っているが、そういえばLGのテレビがフォルダ内のムービー情報を、外部のサーバーに送っていたりと、韓国系の会社(中国系もそうだが)はかなり危ない橋を渡っているようなのだが、そういう会社と組むセゾンは大丈夫だろうか? と思ってしまう。
http://japan.cnet.com/news/service/35040334/
posted by ヨシダ マサキ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月23日

カッとなると、案外やってしまう物かも

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131222-00000129-sph-soci

 友人の家族であった話を思い出した。
 友人が無職の頃、姉が結婚することになり、友人は来るなと言われて揉めたそうだ。
 友人も行きたくもなかったので、よかったよかったなんて思っていたそうなのだが、親がどうしても行けと言ってけんかになったそうだ。
 その時、友人の妹がキレてしまい、父親に向かって包丁を投げてしまった。
 さいわい、包丁は外れて誰もけがをしなかったそうだが、妹は親戚の家に行くことになり、家族は崩壊したそうだ。
 もっとも、友人も責任を感じて姉の結婚式には出たので、表面上は何もなかったことになったそうなのだが…。
 その話を聞いたとき、なんで妹がキレたんだ? と思って聞いてみた。
 そうしたら、彼は後日色々なところから裏の話を聞いたそうだ。
 なんでも、姉と妹はもともと折り合いが悪かったうえに、父親が結婚式の資金を出すために妹に金を借りようとしていたこと等、色々と知らない話が湧いたそうだ。
 友人曰く、「もともと家族中は悪かったのに、表面を取り繕って平和そうな家族を演出しようとした親父に、妹がキレたみたい」
 まっ、常日頃溜まっていたものが、何らかのきっかけで噴出すると、案外簡単にそういうことをやってしまう物なんだな、人間て…。
 
posted by ヨシダ マサキ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月21日

状況はよく変わる

 ダイエットネタ。
 今回は、リバウンドしないコツである。
 さて、リバウンドする理由は何だろうか?
 カロリー収支が、何らかの原因でプラスになり続けてしまう状態だからなのだが、問題なのはどうしてプラスになっているか?
 一番多い理由は、太っていたころの生活習慣に、戻してしまったことではないかと思う。
 ダイエット時の生活に無理があったのか、減量した後は元の生活習慣に戻しても太らないと思われているのか、それは知らないが…。
 他の理由として、生活環境が変化してしまい、カロリー収支が狂うと言うのがある。
 こちらは私も実際にやってしまい、1s程リバウンドしてしまった。
 原因は、転職により通勤時に歩いていた分が減ってしまい、1ヶ月ほどして体重が増加傾向にあることが分かった。
 もし、体重が増加傾向にあることに気が付いたら、再度生活習慣を目標体重用に再構築する必要がある。
 やることは、これまで書いてきたことをやり直すだけなので、ダイエットに成功したのなら、さほど難しくはないだろう。
 さて、今回はこんなところです。
 これまで、ダイエットネタを色々書いてきたが、私の実践してきたことは、これまでで書き終わったので、今回でいったん終了したいと思います。
 本当は、ダイエットをしたくなる心を作る方法を色々書いていきたかったのだが、自分でもまだまとまっていない部分があるので、まとまったらまた書きたいと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月18日

糖類の甘く危険な味?

 ダイエットネタ。
 昔、砂糖は薬として扱われていたと、聞いたことがある。
 考えてみると、よくわかる話だ。
 あの甘い味は大きな快楽であるとともに、苦痛を和らげてくれる。
 苦しい時に、あの甘い味を味わってみると、その効果が実感できる。
 それゆえに、依存症があるとも言われている。
 残念ながら、この甘さが苦痛を取り除いてくれるわけではないから…。

 で、何が言いたいんだと言われそうなので書くと、ストレスについてである。
 私は、ストレスには2種類あると思っている。
 一つは、100m走みたいにゴールがわかっている、もしくは自分で何とかすれば終わるか、コントロールが可能な物。
 もう一つは、自然災害のように自分ではどうにもならない、もしくは終わりが見えない物。
 前者は、自分が努力すれば解決が可能なので、エネルギーを燃やす方向になるが、後者は自分が動いたところでどうにもならない、終わりが見えないので、エネルギーを蓄えるようになる。
 当然、前者は痩せやすいことになるし、後者は太りやすいことになる。
 それと、後者の場合はいつ終わるともわからない苦痛が続くので、それを和らげるために甘いものが欲しくなる…。
 今の世の中、後者のストレスが圧倒的に多いので、注意が必要なのだが、避けようがない。
 それでは、解決法があるかと言うと、残念ながら自分にストレスが掛かっていることを理解して、無理に食べたい量を調節するのではなく、自分をなだめるために少しづつ食べながらも、必要以上に食べないようにするぐらいしかない。
 まー、自分が今そうなっているので、自分を落ち着かせるために書いているのだが…。
posted by ヨシダ マサキ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月17日

飲み会の後は太ると言うが?

 ダイエットネタ。
 飲み会の後、体重が数キロ増えたと嘆く人がいる。
 前にも書いたが、考えてみれば脂肪が1gで9kcalなので、1s付くのに9000kcal摂取が必要になるので、1日やそこらで付くわけがない。(カロリーを摂取するにもカロリーを消費するので、更にカロリーが必要だが)
 大体は、飲食物の重量分増えたと考える方が自然だ。
 もっとも、飲み会を継続していれば、本当に脂肪が付いていき、太っていくだろうが。
 なので、ダイエットをしているからと、飲み会を避ける必要はないと思う。 程度の問題だと思う。
 ただ、お店で出すものは炭水化物が多いので、そのあたりは量を少なくする工夫が必要だと思う。
 今回はここまでです。 明日も、思いついたことを書いていきたいと思います。
posted by ヨシダ マサキ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月16日

意外に問題になるのが

 ダイエットネタ。 書いていることが普通のことばかりで、後で読んでみると、う〜んと思ってしまいます。
 まあ、私のダイエットの中で一番重要だったのは、心をどう変化させるかだったので、その後の実践部分は人によって違うし、ダイエットがしたいと心が求めていれば、いずれは出会う情報だと思うので、あまり重要だとは思っていないのですが…。

 さて、食事をダイエット仕様にすると、意外に食費がかさむことになる。
 えっ、あまり食べないようにするのだから、食費が増えるのはおかしいだろう?
 そうなんですが、食事の中で真っ先に減らすのがご飯だと、話は違ってくる。
 ご飯と言うのは、食事の中で最も安い分類に入るからだ。
 そして、それを補うために野菜などを使うことになるのだが、これが高い。
 肉や魚にしてもそう。(これは、小麦が主食でもそうだろう)
 そこで重宝するのは、野菜だともやし。 肉だと、鳥の胸肉。
 もやしなら、200gで20〜30円、胸肉だと100g50円ほど。
 ただ個人的には、単一の物だけを食べれば痩せられる、と言うのは無いと思うので、あまり期待しない方がいいと思う。(以前、もやしダイエットが流行った時は参った)
 あと、野菜だとキャベツや白菜など、葉物の塊で売っているものは、結構単価が安い割に料理のバリエーションも組みやすいので、使い勝手がいいように思う。
 今回はこんなところで。 次回は、未定です。 ネタを考えます。
posted by ヨシダ マサキ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月14日

削る所は削るが

 ダイエットネタ。 今回から食事について。
 と、言っても大したことは何もなかったりする。
 私の場合は、ご飯の量を減らすぐらいしかなかったからだ。
 もっとも、ファーストフードなどで食事をしないからと言って、痩せるかと言えばそんな事はなかったが…。
 前の記事でも書いたが、私の場合はどうも糖類が良くないらしいので、そちらを減らしたほうが効果があるようだ。
 当然、人によって合う、合わないはあるので、自分で日常のなかで試していくしかないのだが。
 ただ、糖類が少ないと頭の働きが悪くなりやすいとか、スポーツで言うハンガーノックと言う燃料が切れた状態になることがあるので、おやつとして少し間食をしている。
 もっとも、間食が増えすぎてしまったら元も子もないので、その辺は、少しづつ試していくことをお勧めする。
 今回は以上です。 次回も、食事について書こうかと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月13日

理論的にはどちらも変わらないはずだが…

 ダイエットをする上で、食事前と食事後、どちらに運動をしたほうが良いか?
 これは、昔から色々言われているのだが、理論ではカロリーの収支で太る、太らないが決まるはずだ。
 私の場合は、以前は食事前の方が効果があると思い、食事前に運動だけ行っていた時期もあったが、全然効果がなかったので、あまり関係ないと思っている。(その時の習慣で、今でも食事前に走っているが…)
 ただ、気になる情報もある。
 食事後の、血糖値の急激な上昇を防ぐために、食後すぐに運動した方がいいと言う意見がある。
 確かに、血糖値がもっとも上がるのは食後で、運動すればまず糖が燃焼するので、血糖値は下がる。
 ただ、実際に食後すぐに運動するとなると、やはりつらいものがあるので、血糖値が気になる人はやってみる価値がありそうだ。
 ちなみ、私も血糖値が気になる人なので、少し前から食後に10分程度のストレッチを入れている。
 健康診断をやらないと効果のほどはわからないが、結果が出ていたら報告したいと思う。
 今回は、こんなところで。 次回は、食事について書いてみたいと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月12日

一工夫加えると?

 前回のブログは、同じ内容を2回投稿していたので、どうもすみませんでした。

 ダイエットネタ、今回は運動するときにのコツを。
 私がお勧めするのは、以前NHKのためしてガッテンでやっていた、スロートレーニングである。
 理由としては、やってみると分かるのだが、かなり筋肉に負荷がかかるので、見た目と違って結構な運動量があることと、これで得られる効果が、加圧トレーニングと同じなのだ。
 私の場合は、15分程度のストレッチをスロートレーニングでやり、その後の30分は普通のランニングと言うメニューにしている。
 スロートレーニングで、脂肪が燃焼しやすくなると言うが、そこら辺はよくわからない。
 ただ、ランニング前のウォーミングアップにもちょうどいいように思う。
 注意点としては、習慣付けてやっているうちに、何時の間にか動作を素早く終わらせるようになり、負荷が少なくなってしまうので、たまにストレッチの時間を確認したほうが良い。
 私の場合は、音楽を流しながらやり、いつもどれぐらいの時間が掛かっているか確認している。
 
 次回は、運動をするのは食事の前と後のどちらがいいか?、について書きたいと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月11日

やはり王道は…

 ダイエットの話の続きです。
 前回のブログで、運動に力を入れた方がいいと書いたのですが、具体的に何をするのか?
 これは、人それぞれ色々あるので、それなりに動けば何でもいいのですが、それでは書く意味もないので、私がいつもやっていることを書きます。
 私がいつもやっているのは、ジョギングです。 運動の王道でしょう。
 詳しくは、15〜20分程度ストレッチ代わりに、腹筋や腕立て伏せをやり、その後で30分程度のジョギングをしています。
 このメニューを、週5〜6回で1日は必ず休みを取るようにしています。
 これは、さすがに毎日続けると休みたい時もあるので、メリハリをつける意味で必ず休みます。
 それと、やりたくない時は、無理にやりません。
 無理にやっていると、嫌な感情がどんどん溜まっていき、ある時爆発してダイエットそのものが嫌になると思うので。
 習慣化して、長く続けるコツはこんなところです。
 あまり運動をやっていない人は、ウォーキングから初めて、早歩きで歩くようにした方が、いいかもしれません。(早歩きも結構きついので、慣れないうちは普通に歩くでもいいと思います)
 次回は、ストレッチのちょっとしたコツでも書こうと思います。
posted by ヨシダ マサキ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月10日

ダイエットを効率的にやるには?

 ある男が、毎日仕事で千数百件のデータを処理していました。
 しかし、1日数時間もかかる作業に、男は数日でブチ切れてしまいました。
 そんな時、男の同僚が自動処理するプログラムを作ることを提案しました。
 プログラムの作成に半日ほどかかりましたが、データの処理は十数分で終わるようになり、男の楽になりました。 まあ、私の話なんですが…。

 前回のブログで、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすことが、ダイエットの基礎と言う話を書いたのだが、それでは、どちらに重点を置いた方がいいだろうか?
 個人的には、運動を重視して消費カロリーを多くした方が、効率が良いと思う。
 理由としては、
 1、あまり体重が減らなくても、筋肉が付き体が締まることで、見た目にも効果を実感しやすい。
 2、筋肉が付けば、それだけ消費カロリーも増える。
 3、適度な運動は健康にもいい。
 こんな感じで、メリットが多いからだ。
 とは言え、あまり動かない人がいきなり大きくやると、体を壊す原因になる事と、今後も最低でも週2〜3回は繰り返していくので、時間的にも続けていける量を知る必要がある。
 そんなわけで、はじめは物足りないかな?ぐらいで初めて、徐々に増やしていくのが上手くいくと思う。

 次回は、運動の内容について書こうと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月09日

ここでダイエットの絶対法則を! …いや、それは常識でしょう

 ある農夫が、神官にこう尋ねました。
 「私は、誰よりも神を信じています。 しかし、私には神の御加護が無いように思えます。 なぜですか?」
 神官は答えました。
 「神は、神を知る者を助けるからです」

 さて、ダイエットの実践に移る前に、絶対法則の話を書いておこう。
 その法則とは、
 摂取カロリー − 消費カロリー = 体に蓄えるエネルギー量

 …そんなの常識だろ! と、突っ込んだあなた。 確かにその通りです。
 ただ、世間を見渡すと、飲めば痩せられる薬だとか、この運動をすれば痩せられる方法と言うのはあるが、それを継続しなければ減量した体重を維持できないと、警告してくれているものは見たことないのだが、どうなのだろうか?
 今、あなたの体重はあなたが食べたカロリーと、消費カロリーが拮抗している結果である。
 もし、他の要因を入れれば、それに見合った体重で拮抗することになる。
 当然、その要因を外せば、その時の生活習慣に見合った体重になるのだ。
 もちろん、生活習慣が変わっていなければ、体重はもとに戻るだろう。
 なので、目指す体重になる生活習慣を構築することが、リバウンドしないダイエットの実践部分のコツになる。
 当然の話だが、毎日ずっと続けていくことになるので、自分にとってキツイ・つらい・苦しいと感じる習慣は、いい習慣とは言えない。
 どんな生活習慣だったらいいか?、それは人それぞれ違う。
 これから、いくつかダイエットのコツを書いていくが、あなたに合うかどうかはわからない。
 なので、このブログも含めて、色々な情報を参考に自分自身にあった生活習慣を、身に着けて欲しい。
 次回は、…何について書くか考え中。
posted by ヨシダ マサキ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月08日

確実に行動することになるが…

 ある日、夢を見た。
 とても大切な物を無くしてしまう夢だ。
 夢の中で、大きな悲しみに包まれ嘆き悲しむが、目が覚めて夢であったことに安堵する。
 しかし、現実でもその大切な物を、無くしてしまう気配をあなたは感じていた…。
 人間にとって、最も避けたいものは何だろうか?
 何か大切な物を、無くしてしまう恐怖であると言われている。
 人間は、それを避けるために大きなエネルギーを使うことが出来る。
 そう、痩せなければ好きな人が去っていくとか、ダイエットをしなければ何か大事な物を無くすとかである。
 特に、太っていることが原因で、何かを無くしてしまった経験があると、ほぼ行動に起こすことになる。
 イメージトレーニングで、自分の大事な物を無くす恐怖を植え付けても、効果がある。
 ただし、大抵は歯止めが利かなくなり、極端な小食に走ったり、逆に過食に走ったりと、コントロールが利かなくなるので、やらないほうが良い。
 それと、強くやらなければいけないと思い込むのも、極端に走ってコントロールを失う結果になりやすいので、気を付けた方がいい。
 次回からは、実際に何をやるか、経験を踏まえて書いていきたい。
posted by ヨシダ マサキ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月07日

当たり前のことを応用すれば

 昔の話だが、親や姉によく勉強しろと言われた。
 結果として、学校の勉強は嫌いになってしまった。
 多くの人が、誰かに何かを強制されるのは嫌うが、あなたはどうだろうか?
 これまでの、イメージトレーニングの欠点がこれである。
 ダイエットのことで言えば、太っていることに何らかのメリットがあったから、体重を太っている状態で維持しているのだ。
 それに対して、痩せることはいいことだと、押し付けるわけである。
 もし、太っている理由がどうしても譲れないことだったりした場合、その人は素直に痩せることはいいことだと思うようになるだろうか?
 そして、これらの思考が本人の自覚のないレベルで起こるので、本人は痩せたいと思っていても、なぜか痩せるように行動が起こせないと言うことが起こる。
 そこで、自分自身に質問することで、太っていることのメリットが、今でもメリットであるのかや、痩せることがデメリットなのか、自分の無意識に考えてもらう。
 それでは、どうやればいいのだろうか?
 セールスと同じである。
 まず、興味があるか質問する。
 興味があれば、その内容に対して説明し、検討してもらい、最終的な決断をしてもらう。
 そして、どの段階のことも自分に対する質問の形に言葉を変えると、無意識のレベルで考えるので、無理に答えを考えなくてもいい。
 ただ毎日、自分が思ったことを質問の形に変えて、自分に問いかけていく。
 それと、どの段階でも、ダイエットをする必要がないと思った場合、無理にやらないことだ。
 これが、私の行ったイメージトレーニングである。
 ただ、欠点もある。
 先ほど書いたように、ダイエットする必要がないと思ってしまう可能性がある。
 もう一つは、適切な質問が思い浮かばないため、いつまでも心のブレーキを外すことが出来ずに、いつまでもどっちつかずの態度になってしまう可能性がある。
 ただし、心に強制するのではなく、心の底から考えた結果になるので、動き出せはぶれなくなる。
 …もっとも、もっと確実な方法もなくはないが、それは注意点でもあるので、次回に。
posted by ヨシダ マサキ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月06日

主流のイメージトレーニング?

 ダイエットネタ、第三弾。
 さて、自分の心がダイエットしたいと思うのが重要なのだが、それでは、どのようにやるのか?
 今、主流のイメージトレーニングのやり方は、ダイエットを達成して、自分が思い通りの体重(もしくは体型)を手に入れて、自分がハッピーになっている姿(もしくは、痩せたことでいいことが起きている姿)を、思い浮かべると言う物。
 このように、ダイエットをすることで、自分がハッピーになっていることを、継続的に思い浮かべるとイメージが頭の中に定着し、幸せになれるからダイエットやると言う物だ。
 これは、世に出回っている成功法則などでも広く知られており、多くの成功例があるのだが…。
 実は、私は10年程、そういったイメージトレーニングをやり、ダイエットはじめ生活の他の場面でも活用してきたのだが、成功したためしがないのだ。
 それで、はじめに書いたように、「本当にダイエットをしたいのだろうか?」、と言う質問に繋がったのだ。
 しかし、今思い起こせば、その質問こそが一番重要なことだとわかるのだが…。
 続きは次回に。
posted by ヨシダ マサキ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月05日

ダイエットの方法も重要だけど…

 ダイエットネタをもう少し。
 ダイエットをして更にリバウンドしないためには、そういう生活習慣に変化させるしかない。
 なので、ダイエットと言うのは、生活習慣を見直すことでもある。
 ターゲットの体重にするには、どう言う生活習慣にするのか? 考えることが重要になってくる。
 ただし、体重を減らせば減らすほど、色々な意味で消費エネルギーが少なくなるので、体重が減りにくくなってくる。
 なので、どれぐらいの体重が自分にとってベストか? どの程度まで、運動量を増やす+食事を少なくするのがちょうどいいのか? 考えて、楽しく生活できるポイントを探っていくといいと思う。(出来そうなポイントを探ると、つい無理をしてしまいやめたくなる)
 それと、自分が心からダイエットをしたいと思っていないと、いくらダイエットをしても思うように成果がでない上に、いい生活習慣改善のアイデアも浮かばないので、そのうち飽きてしまう。
 そこで、イメージトレーニングなどで、自分の心をダイエットをしたい状態にするのだが…、その話は次回に。
posted by ヨシダ マサキ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月04日

20年間ダイエットに失敗し続けた男が、ダイエットに成功した方法?

 以前、血糖値の話を書いたので、ダイエット当時のことを色々考えていた。
 小学生の頃には肥満と言われ、何度もダイエットに挑戦したのだが、いつも失敗に終わっていた。
 最大で20代前半に、身長170cmで85kgまで増えていたのだが、何時の間にか76kg程度に落ち着いていた。
 ただ、これではだめだと、20代中・後半に何度かダイエットにチャレンジしたのだが、74kgを切ることが出来なかった。 色々と工夫をするのだが、2〜3ヶ月経っても体重に変化がないので、ばからしくなって辞めてしまっていた。
 それでは、どうやってダイエットに成功したか?
 30代になったある時、会社の健康診断の結果が返ってきたので、ぼんやりと眺めていた。
 毎度毎度の、体重以外は特に問題なしの結果である。(正直言うと、血糖値が引っかかっていたが)
 慣れたとはいえ、いまいましい。 でも、これまでのダイエット失敗の記録を思い出してしまい、自分はこれ以上体重は落ちないだろうなー、なんて思っていた。
 ふと、「自分は本当に痩せたいのかな・・・?」そんな疑問が頭に浮かんでいた。
 それから毎日、不思議と健康診断の結果を眺めながら、「自分は本当に痩せたいのかな・・・?」と、自分に問いかけるようになった。
 そうしていると、他にもいろいろと疑問が浮かんでくる。
 「痩せたらどんなメリットがあるのかな?」とか、「痩せたらどんなデメリットがあるかな?」等。
 そんな感じで、毎日浮かんでくる疑問を自分に投げかけていると、何となくだがダイエットを始めてみるのもいいかなと言う気になっていた。
 そんなわけで、まー、74kgを切れるとは思えないけど、ダイエットしてみるかと言う話になり、それじゃあ安い体重計を買うか、と言う話になった。(1日ごとに測っても変動が大きいので、スーパー銭湯等で1ヶ月ぐらいの間隔で測ればいいから、必要ないと思っていた)
 それからの変化は激しかった。
 1ヶ月で3kg落ちてしまい、あっさりこれまでの限界ラインを突破。
 これは、もしかしたら70kgを切れるかもしれないと思ったが、体重減少のペースが落ちる。
 しかし、ダラダラとダイエットが続いてしまい、1年後には10kg減量に成功していた。
 嬉しいのは、あれから3年経っているのだが、リバウンドせずに体重を維持していることだ。(最盛期には64kgまで落ちたが、生活環境が変わり今は65kgで安定している)
 ダイエットのために色々工夫したが、一番の要因を言えば、やはりあの時に、「自分は本当に痩せたいのかな・・・?」と、質問し始めたことだと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記