2014年07月21日

努力する姿は美しく人を感動させる。 でも…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00000074-san-soci

 人が努力する姿は美しい…。 
 でも、もっと効率よくやる方法があったらどうだろう?
 こんな事を書いたら怒られると思うのだが、例えば、自転車に早く乗れるようにするには、いきなり自転車を漕ぐ練習をするのではなく、ペダルを外した自転車で足でキックして進ませ、バランスを取る練習をした方が早いと言われている。
 最近受けたセミナーで、10分で30個の単語を覚えられるようになる、そんなのがある。(アクティブブレインセミナーの事である。 実態は、2日で200個の単語を覚えることになったり、数時間で講師の成功法則セミナーの内容を、紙を見ずにスピーチできるレベルになるようになったりと、かなり大変なセミナーだった…)
 そういう方法を知って、受験勉強などをやってその過程を公開して、他の人は感動するだろうか…?
 たぶん、しないだろう。
 それでは、本人たちは達成感はあるのだろうか?
 これは、人それぞれだ。 人によっては、例えば自転車に乗れるようになる時、何度も転んで痛い目に遭いながら、それでもチャレンジする。 そんな過程が重要だと言う人もいる。
 でも、本人たちにしてみればかなり楽になる上に、他の事を楽しむ時間も出来ると言うメリットもある。
 どちらの方がいいのだろうか? そんなことを思ってしまった。
posted by ヨシダ マサキ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101867348

この記事へのトラックバック