2014年10月20日

これは、使えるかもしれない…

 昨日、登山でヘルメット義務化するべき、なんて記事にかみついていたのだが、面白い記事が出ていた。
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00000008-rps-bus_all

 たためるヘルメット、名付けて「タタメット」。 …名前はちょっと安直な気がするが、しかし、たためると言うコンセプトは面白いと思う。
 重量は300g程で他のヘルメットとあまり変わらないことと、安全基準もクリアーしているので、強度も問題なさそうだ。(レビューでは、展開する時に硬いと書かれていたが)
 300gの重量増は登山では痛いが、折りたためるので必要ない時はザックに収納しておける。
 ヘルメットが必要になる場所と言うのは、登山の中でも岩稜やガレ場の通過など、常時あるわけではないので、大抵の人は必要ない時はザックに括り付けている。
 これが曲者で、木の枝等に引掛けたりして、煩わしかったりバランスを崩したりして危なかったりもする。
 それと、ザックカバーを被せるときにも邪魔になったりと、あまりかさばる物があると大変なのだ。
 かといって、常時かぶってればいいかと言うと、重量物を頭の上に載せていると、意外に疲れるし。(とある部族は、頭の上に荷物を載せて移動する。 ようは慣れの問題らしいのだが…)
 防災上あっても役に立つので、買ってもいいかなと思っているので、もし買ったらレビューしてみたいと思う。(もう冬山の季節に入ってしまうので、使うチャンスが来年までない気がするが…)
posted by ヨシダ マサキ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104774742

この記事へのトラックバック