2015年06月08日

AKB48に見る成長物語 誰のためのアイドル?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00000030-tospoweb-ent

 いつの間にか総選挙をやっていたんだ…。
 それにしても、中国人の富豪の大量票に頼る状況とは…、日本人も含めた一般人のファンと距離がどれだけ離れつつあるのか?
 そんな事はどうでもよくて、儲かればいいと言う事か…。
 正直言うと、AKB48はファンとはかけ離れたところの人気集めに躍起になっていて、いかに大口のパトロンを掴むかが上位にくるカギになりつつあるのだろうな。(つまり、パトロンに気にいられるかどうか)
 それと、規模が大きくなり過ぎて、才能があったとしても上位に登るのは難しいだろう。
 この状況では、下位のメンバーはチームにいるメリットはないのだから、チームから離れて自分の特性を磨いて、個人で地道にYouTubeやブログで発信していった方が人気が出るように思う。
 これからは、テレビなどのマスメディアよりも、インターネットを介したセルフメディアが主流になり、ファンとの距離が更に近くなっていくと思うので、あまり大きな看板は必要が無くなってくるからだ。
 その方が、AKB48のコンセプトの会いに行けるアイドルと言う、これからの流れに乗れる気がするのだが?
タグ:AKB48 成長
posted by ヨシダ マサキ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/139278020

この記事へのトラックバック