2014年05月18日

それは、夏のようにキラキラ輝いて、そして…

Yahooニュース


 この記事を見た時、笑いそうになってしまった。
 お前ら、1980年代の日本のトレンディードラマを見てみろ。
 社会にでて数年そこそこで、東京の一等地に当時でもありえないぐらい広いマンションに住んでいて、男は女に信じられないぐらい高いプレゼントを貢いで、みんな全身にブランド物を身に着け、車と言えば高級外車、お前らいつ仕事してるんだと言う生活していて…。
 …何が言いたいんだと言われそうだな。
 要するに、あのころの日本の空気と言うか、雰囲気を表していた。
 そう、夏の日差しのようにキラキラ輝いていて、まるで、スポットライトを浴びせられた舞台の上で、永遠に続く夏を謳歌している。(私自身はそのころ子供だったので、ピンと来なかったが…)
 つまり、国が成長してその絶頂期には、その雰囲気に影響されて娯楽や演劇なども、信じられないぐらい華やかになったりするのではないかと思う。
 問題は、夏は永遠には続かないこと。 そして、夏の絶頂の後はすぐに秋になり、冬が訪れる。
 夏は華やかであるが、後で振り返れば一時の思い出のように儚い…。
 
posted by ヨシダ マサキ at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月13日

久しぶりに、スピーカー2号機を仮組

 日曜日の話、久しぶりに自作スピーカーを作る気になったので、これまで温めていたアイデアの物を作ってみた。
 考えていたのは、どうしても高音に負けてしまう低音側を、スピーカー自身の箱鳴りを利用することで強くする事と、箱鳴りで生じる衝撃?(音圧?と言うか、太鼓のようなビシビシ来る感覚)を体に感じやすくするため、垂直立てにして周りに拡散しやすいように、円筒形の物を使う。(写真S02-01)SP02-01.jpg
 もっとも、円筒形の物を使うと言うのは、内径φ12.5ボイド紙管がせっかく手に入ったのだから、使ってみたいと言うのもあったのだが…。
 で、一番問題になっているのが、底面と上部のふたをどうやって作るか?
 これを、自分の手で切るのはかなり手間がかかるので、躊躇していたのだ。(写真SP02-02)SP02-02.jpg
 結局、材料の加工に半日かかってしまった。
 まだ、接着が終わっていないが仮組をしたのがこれ。(写真SP02-03)SP02-03.jpg
 この状態で音を鳴らしてみると、予想通りユニットがこちらを向いていないので、高音側のキツさと言うかトゲトゲしさが無いのだが、音の明瞭さに欠ける。
 それと、直置きのままだと音が曇った感じがするので、何かを挟んで置いてやると何となく音がスッキリした感じになる。(底面に空気抜け穴が開いているので、これを塞いでしまうと曇った感じの音になるようだ)
 低音側の方は、何となく出ているように感じるが、よくわからない。
 パッと試作0号機と聞き比べた感じは、2号機の方が音のキツさが無いので、個人的にはこちらの方が好みだ。
 ただ、音の明瞭さに欠けているので、ユニット上部に音反射板をつけるかもしれない。
 問題は、どうやって蓋を固定するかか…。
posted by ヨシダ マサキ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月10日

禁断の、茶色い粉末に手を出す!?

 少し前に就職したので、血糖障害(と勝手に思っている)の居眠りをしないで済む方法を考えていた。
 そんな時、シナモンに血糖値を下げる作用があると聞き、夜に牛乳に混ぜて飲むようにした。
 結論を言ってしまうと、居眠り病の方は昼食の影響の方が大きいことが分かったので(おかげで、昼食は弁当を作ってもっていく事になってしまった)、あまり関係が無かったようなのだが、思わぬ効果が表れてきた。
 体重が落ちたのだ。
 これまで、どうやっても63kgを切ることが出来なかったのに、何時の間にか62kg台を維持している状態になってしまった。
 …恐るべしシナモン。
 ただ、シナモンに関しては気になることがある。
 肝臓にあまりよくないと言う話があるのだ。
 正確には、シナモンに含まれるクマリンと言う、某ゆるキャラの名前のような物質が、肝臓障害を起こすらしい。
 ネットで調べてみると、東京都健康安全研究センター広域監視部と言うところが、レポートを上げていた。
 結論を言うと、もっともクマリン濃度が高いベトナム産カシアシナモンで、0.9g程度でクマリンの1日許容量になるそうだ。
 そんなわけで、私自身はシナモンの量を1日1g程度になるようにしている。
 もっとも、ネットで調べてみると、クマリン自身も適量取る分には、健康にいいそうだ。(ポリフェノールの一種で、血液をサラサラにするとか、むくみに効くそうだ)
 どんな薬でも、適量取る分にはいいが、過剰摂取すれば毒になると言うことだろう。
posted by ヨシダ マサキ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月05日

雪山の滑落時にやってはいけないこと

 昔の話だが、名古屋テレビ(現メ〜テレ)で「Let's ドン・キホーテ」と言う、アウトドア番組がやっていた。
 その中で、雪山に登る企画があり、番組出演者でアドバイザーでもあった陣田耕二さんが、滑落時のことについてこう言っていた。
 「うつ伏せになり、足を上げ手に持っているピッケルで止める。 足で止めようとすると、足が折れる」(このような意味の事を言ってみえた。 結構前の事なので、正確ではないと思うが、意味はこんな感じ。)
 滑り落ちだすと、その時の勢いは結構あるので、足で止めようとしても止まらない。
 逆に、勢いに負けて足が折れてしまう。(しかも、勢い強ければ止まらない)
 雪山をやりたいと思っている人は、覚えておいてほしい。
 
 …何でこんなことを書くかと言うと、ある小屋に行った時に、父親と息子が話しているのを聞いていたのだが、お父さんが「滑落したら、足で止めろ」 と言っていたので。 
 すみません。 お父さんが結構強面で、違いますよとは言えませんでした。
タグ:雪山 滑落
posted by ヨシダ マサキ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月28日

ただ、気になるのは…

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140428-00000052-dal-ent

 ポータのシェルパが、登頂しないと言っているから実際に無理だと思うし、英断だと思う。
 しかし、彼女は再びエベレストにチャレンジするのか? そこが気になる。
 と、言うのも、イッテQの登山企画自体がすでにピークを迎えているか、過ぎているように思うのだ。
 だから、これだけの遠征を再び行えるのか? そんな風に思うのだ。
 もし、彼女が再びエベレストにチャレンジするとすれば、他の番組等の別の機会になる気がするのだ。
 しかし、彼女自身は登山が嫌いと言っている。
 彼女が望まなければ、チャンスは訪れないだろうから…。
posted by ヨシダ マサキ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月25日

これが現実なのだが…

 個人的な話だが、最近、頭髪が薄くなってきた。
 特に、頭を洗っていると、指に短い髪の毛が何本も絡みついてくるので、何といったらいいのだろう。
kami000.jpg kami000-2.jpg
 まー、30代半ばだししょうがないと言えばしょうがないのだが、このまま何もしないのもしゃくなので、少し対策をすることにしてみた。(父親もかなり薄いので、遺伝なのだろうが、状況にあらがってみたくなった)
 状況を見ると、髪の毛が細く短いうちに抜け落ちているようだ。
 毛根が、何というか浅い感じがする。
 ただ、今回は半年前ぐらいまで使っていた、ミノキシジル(並行輸入品)は使わないことにした。
 確かに、効果が実感できたのだが、何か根本的な対策ではないようで、薬を辞めてしまうともとに戻ってしまうのだ。
 考えた末、以下の対策をしてみることにした。

 1、大豆プロテインをいつも飲んでいる量(1日20g位)の半分をホエイプロテインに変更する。
 2、ビタミン剤(C,B6)を飲むようにする。
 3、市販の育毛剤を毎日2回使う(一応、保険に。今後、ミノキシジルに変更する可能性あり)
 4、毎日3回、頭皮全体をマッサージする。
 
 特に新しく始めるのは、頭皮全体をマッサージすることだろうか。
 これで、数か月様子を見ながら、今後の対策を考えていきたいと思う。
 効果が出て欲しいな…。
posted by ヨシダ マサキ at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月20日

別の視点から見てみたら?

Yahooニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140419-00012303-president-bus_all

 「体力が落ちる=不安」と思わされていることが、不安の原因だと説かれているが、別の視点から見てみよう。
 記事の題名に書かれているのは、先行きが不安、つまり未来の見通しが立たないから不安と言う点だ。 なので、その視点で見てみよう。
 未来に何が起こるか、傾向や流れを読むことは出来るが、ズバリ、あなたはどうなると言うことはわからない。
 そして、多くの人が、日本と言う国が上り調子ではなく、下り坂の傾向があることを肌で感じているのではないだろうか?
 これは、これまでの上り調子で未来がどうなるか? と言うことから予想していた経験が、役に立たないことを意味する。
 そして、下り調子で予想される未来で、どのような感情を抱くのだろうか?
 ただ、多くの人が「今のままの生活を続けていった場合」はどうなるか? と言うことで未来を漠然と予想していると思う。
 下り調子の未来を受け入れ、それで楽しく生きられる生活を構築すれば、貧しくても楽しく生きられると思うのだが、どうだろうか?
 この辺りは仏教でも、地獄と極楽の差は心の持ちようや行動の違いだ、そんなようなたとえがあったので、それに通じると思う。
 どちらにしても、現状を確認して、それに対してどのように対処するか。 それが重要になってくる。

 と、書いていたら、これ景気に対する特集じゃなくて、老後に対する特集だった。
 確かに、私も頭髪が薄くなって老けたな、そんな事を考えてしまう。
 特に、これまで全然女性にモテなくて、このままだと禿げて更にモテなくてなる。 そんな事を考えてしまう。
 若いと言うのは、色々と体力的に体も動くし身体的な魅力もあるので、そういう意味で選択肢があると言うことだ。
 それが、何時の間にかなくなっていて、ハッとさせられる。
 そんな時、ひどい喪失感にさいなまれることがある。
 人生も、将棋などと同じように、選択肢がなくなれば詰む(死ぬ)。
 でも、それに対して拒絶感を感じるのも、生物としては当然だ。
 生きることが本能なのだから。
 もっとも、最近は死ぬことが怖いと言うより、体が動かなくなり選択肢が無くなったにも関わらず、それでも生き続けなければならない、そんな恐怖の方が大きいと思う。
 そう、致命的な怪我や病気・状況になっても、すんなりと死なせてはくれない。
 そんな苦しみを味わいながらも、生きること選択させられる…。
 もう、こんな苦しみを味わい続けるぐらいなら、死なせてくれと思っていても、周りはそれを許さない。
 それこそ、まさしく地獄なのではないだろうか?
 そして、そう言う現実もある…。
タグ:景気 老後
posted by ヨシダ マサキ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月17日

さまようタガメ女達?

Yahooニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140417-00012368-president-bus_all

 面白い記事だなと思ってしまった。
 よくわからない何かを求め、不倫をする。 将来のことは考えて、結婚用の男を別に用意して、ひとまずリスクヘッジをしておく。
 彼女たちは、本当にそんな人生が面白いのかな? 自分が人生をコントロールしているのだろうか? そんなことを思ってしまう。
 そういえば、神田昌典氏の「告白」の中で不倫の原因を、伸びる時期に入って自分に足りない物を持っている(ように見える)相手が現れるからだ、そんなことが書かれていたっけ。
 さて、モテない男がこんなどうでもいい分析をしても、社会の役には立たないので、これにぴったりの一冊を紹介しようか…。
 「娘の恋愛能力は父親が決める」 そんな本が私の手元にある。
 アメリカの本の翻訳本だが、この本の中に面白いことが書かれている。
 一部抜粋
「心の隔たりのある父親を持った娘は、男性に対して自然にふるまえなくなるだろう」
「十九世紀後半の産業革命は、家族の姿をすっかり変えてしまった。父親は生活費を稼ぎに外へ出かけ、母親は外の世界から孤立して、子どもと一緒に家にとどまるようになった。」
 …そう、「日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体」で指摘されていたように、専業主婦と言うのは産業革命後の考えなのだ。
 そして、アメリカではそれにより、親子間のコミュニケーションが少なくなり、女性の結婚に悪影響を及ぼしていると言うことだ。
 最近、女性が年上の男性と恋愛したがっている、そんな話が出ていたと思う。
 これらの事から考えられるのは、父親との関係が希薄だったから、それをやり直したいと言う、無意識が働いているのではないかと思う。
 一応、この本にはどうすればいいのかも書かれている。
 本当の父親の姿を知って認めることだそうだ。(詳しいことは、本を読んでください。図書館や中古ならあるかも)
 えっ、男性はどうなんだ? だって。
 結構前から、草食男子が増えていると言う。
 男性の女性観は、母親が育てていると言うことを考えれば…、考えない方が身の為だろ。 色々な意味で…。
posted by ヨシダ マサキ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月16日

春の風物詩

Yahooニュース
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1397642008

 これを見ると、春山の季節が来たなと実感する。
 この季節は、雪は残っているけど気温はそれなりにあるので、山の上でも歩いていると汗が噴き出てくるぐらいだ。
 GWになれば、北アルプス等も山小屋が開くので、多くの登山者が山に入る。
 ただ、この数年の傾向として、GWに山が荒れて遭難者が出ていることが気になる。
 自分自身も、山に行くので事故が無いように、気を付けたいと思ってしまう。
posted by ヨシダ マサキ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月02日

いいスピーカーって、どんな風だろう?

 自作のスピーカーを試作機を作成したのだが、あれ以来、どうも作業が進んでいな。
 就職して忙しくなったのもあるのだが、これまでの音の良しあしだけのスピーカーが、いいスピーカーなのか考えてしまっているからだ。
 本当に、音の再現性だけを考えるのなら、ヘッドフォンとヘッドフォンアンプを作った方が、スピーカーよりも忠実な音を聞くことが出来る。
 でも、それだけなのだろうか?
 何というか、それだと体感が無いのだ。
 太鼓のように、体にビシビシ来るような、空気の衝撃と言うか、そういうのがヘッドフォンだとない。
 当然、スピーカーに関しても、ユニットが正面を向いている方が、音の再現性はいい。
 しかし、空気の体感と言う観点では、スピーカーの躯体全体を箱鳴りさせて、空気の衝撃?を作った方が、何というか臨場感あふれるスピーカーになるように思う。
 そうなると、4Wayで音担当とウーハーを分ければいいのだが、…予算がないし、そもそも置く場所がない。
 そんなわけで、2Wayで何とかならないか? と色々と考えているのだが。
posted by ヨシダ マサキ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月30日

生活もまた、変わりゆく…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140329-00116010-hokkoku-l17

 4月から消費税が上がるな…。
 そうなったら、今後、どのように生活していくのがいいのか? そんなことを考えていた。
 それで、「シェルパ斉藤の八ヶ岳生活」と言う本を読んでいたのだが、お金を払って人にやってもらっていたことを、自分でやればいいだけだと言うことに気付かされた。
 …当たり前と言えば、当たり前の話なんだけど。
 そんなことを考えていたら、こんな記事も見つけた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000532-san-bus_all
 要介護人口が増えていくと言う記事だが、収入が減り税金が増えれば、家族で一緒に住み介護することが当たり前になっていくだろう。
 そして、こんな記事も。
http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/140326/ecn14032613000013-n1.html
 女性の社会活動を増やすべき、そんな記事だが、男性の家事、育児参加を増やすべきとのことだ…。(今でも十分にやっている男は多いと思うのだが?)
 で、何が言いたいかと言うと、お金が無くなって自分の事は自分でやらないといけない状況で、何が必要かと言うと、時間と言う話になってくるのだが、それでは、今もっとも無駄に浪費されている時間は何か? そう考えると、通勤時間だと思ってしまった。
 それでは、通勤時間を削る生活となるとどうなるか?
 結局、自分たちが住んでいるところで仕事を見つけるか、自分で仕事を作ると言う話になってくるのだ。
 そうなると、今のシステムが東京に集中している状況は、どうなっていくのだろうか?
 時代も変わり、生活も確実に変わりつつあると言う事なんだと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月22日

スピーカーを作ってみたが…

 アンプを作ってずいぶん経つが、実は試作スピーカーは作っていた。
speekr00.jpg speekr01.jpg

 まずは、試作0号機。(なんか、某決戦型人型兵器のような呼び方だが) 比較用に普通のスピーカーを作ってみました。(ホームセンターで売っていた、1×6 6 の材木を、30cmと18cmに切ってもらい箱型に組んだ)
 で、試作1号機。 100円均一で買ったボールにユニットを組んでみた。
 1号機を作ろうと思った理由は、YAMAHAのホームページを見たからだ。
勝手にリンク http://www2.yamaha.co.jp/u/naruhodo/index.html
 これの、ティンパニーの項目を見て、もしかしてスピーカーとして応用できるのではないか? そう思い、実験してみたくなったのだ。
 で、結果は?
 再生周波数が0号機に比べて落ちている。
 でも、こちらの方がなぜか臨場感があるように思う。(測定結果は取っているが、アップするのはもう少し待ってほしい)
 理由としては、ユニットの向きにあると思う。
 ユニットが人に向くことで、指向性のある音がはっきり聞こえるのだと思う。
 臨場感があるように思えるのは、ボールの部分が振動することで、周りに振動を拡散することで、人が振動を感じることにあるのだと思う。
 どちらのスピーカーがいいのか…、それは人それぞれだと思うが、どちらも生かすとなるとユニットの数を増やすしかないようだ…。
 もうちょっと、研究してみようと思う。
posted by ヨシダ マサキ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月11日

あれから3年経つが…

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140310-00000071-mai-soci

 あの大震災から3年が経ったのか…。
 あらためて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたい。
 M5以上の地震は少なくなりつつあると言うが、最近、深海魚が捕獲されるニュースが多く出ているので、静かになりつつあるのは逆に不気味なのだが。
 心配し過ぎかもしれないが、備えておくに越したことはないし。
posted by ヨシダ マサキ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月08日

久しぶりに後悔してしまったこと

 今回は、酒に酔った上での愚痴なので、そういうのが読みたくない人は読まないでください。

 最近、仕事で気疲れしてしまったので、今日はいつもより酒の量が進んでしまった。
 一通り飲み終えたところで、なぜか最近買って読んでないビジネス本を読むことにした。
 本田健氏の「30代にしておきたい17のこと」である。
 で、読み進めていくうちに、激しく後悔していくことになる。
 …なんだ、原則論と綺麗ごとしか書いてないじゃないか。
 それでも、最後まで読んでしまう自分が、訳が分からない。
 30代で今後の今後の人生はほぼ決まる。
 30代後半で、人生を劇的に変えることは少ない。 そんなことが書かれている。
 なんだよ…。 30代後半に入った俺は、人生を変えることは無理ってことか!
 で、本の後半も、何だか当たり障りのない、これまでの成功論の焼き増しじゃないのか?
 この内容で、確か結構な数が売れているはず。
 片や、必死にもがいてもがいて、何とか生きているうちに30代後半になって、気が付いたら20代の頃に思い描いていた自分のカケラもない。(イメージトレーニングや成功法則を学んで、素敵な未来を思い描いていたが、実現したものは無かったな…)
 なんなんだよ、この差は。 と、醜い嫉妬心が湧いてきて、悶々としていたと言うわけだ。
 まー、真面目なことを書くと、どんなに有名人や偉い人の話でも、結局は意見でしかなくて、自分に使えるとは限らないと言うことなのだが…。
 そんなことを再確認している自分がアホらしい。
posted by ヨシダ マサキ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月05日

忍者を募集中ですか!?

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140305-00000073-it_nlab-sci

 こんな求人あるんだと思ったのだが、考えてみれば伊賀市かどっかだったと思うが、忍者教室をやっていたような気がするので、当然、教える人が必要だよな…。
 もっとも、忍者の主な仕事は情報収集で、普通の格好をして各町を巡っていたそうだ。
 感じとしては、スパイより探偵の方が近かったのではないかと思う。(破壊工作や護衛などもあったと思うので、やっぱりスパイの方が近い?)
 確かに、派手な忍術なども夢があっていいけど、情報収集のイロハを教えてもらうのも、現実社会では役に立つかも、そんなことを思ってしまった。
posted by ヨシダ マサキ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月26日

居眠り癖は改善? したが…

 最近、やっとのことで就職でき半月ほど会社に行っているのだが、居眠りをしていないのでずいぶん助かっている。
 思えば、社会に出てから十数年。 ひどい時は、毎日、気を失う感じの眠気に襲われ、社内での評判を落とし、失職する原因の一つでもあったのだが…。
 原因は、仕事が面白いから ではなくて、食事の炭水化物の量を減らしているおかげのようだ。
 どうも、機能性低血糖症あたりの、糖代謝が苦手な体質らしい。
 ただ、炭水化物を少なくする食事で、色々と問題が出てきていて頭が痛い。
 まず、コンビニやスーパー等には、炭水化物が少なくて主食になる物が少ない。
 次に、米の摂取量が減って野菜の量が多くなるので、食費がかさんでしまう。
 健康のためとはいえ、何とかならんものかと思案しているところだ。
posted by ヨシダ マサキ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月18日

何となく、雪が多いのは…

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000577-san-soci

 最近に入って、大雪のニュースが続いている。
 しかし、全国的に雪が降っているわけではなく、私が住んでいる西濃地方はみぞれが降っていて、すぐに溶けてしまっている。
 何となくだが、西に暖かい空気があり、東に冷たい空気があるように思う。
 なので、暖かい空気と冷たい空気のぶつかっている、山梨県や静岡県を中心に東日本で大雪が降っているように思う。
 この調子でいくと、今年は西日本は熱く、東日本は涼しい気候になるのかもしれない。
posted by ヨシダ マサキ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月05日

体脂肪の方が向いているような?

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000017-asahi-ent

 厚生労働省が、摂取カロリーの目安を年齢からBMI値を基準に決めるそうだ。
 以前は、大人で男性なら2650kcalだったそうだが、それを年齢ごとのBMI基準値になるように、摂取カロリーを調節するように勧めるそうだ。
 摂取カロリーはアバウトになるけど、体重の増減で適正か判断しろと言う事か…。
 ただ、BMI値自体が筋肉がついている人には不利だし、数値自体が目安にしかならないと聞いたことがあるのだが。
 それよりも、今は体脂肪も簡易であれば簡単に測れるのだから、体脂肪率で基準を決めた方がいいように思うのだが?
posted by ヨシダ マサキ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月03日

恵方巻を食べながら

 今日は節分なので、恵方巻を東北東方位を向きながら食べたのだが、食べるのに夢中で願い事をするのを忘れていた。
 失敗したなー、と思いながら願い事って、何だろうな? と考えていた。
 明日が立春で、旧暦では正月になるので、東洋系の占では明日から一年が始まることになる。
 今年を振り返ってみれば、こりもせず派遣切りに遭い、その後は就職活動するもことごとく断られ、そんななんと言うか終わりを象徴するような年だった。
 知り合いの占い師に、今年は厄年の終わりの年で、来年からは新しい人生を作っていく年だと言われて、覚悟はしていたけど、結構へこんだ…。
 私の願い事は、会社とか何かに頼らないでも、自分でビジネスを作って、自分で稼いでいくことが出来るようにすることなのだが…。
 よくよく考えてみたら、それが願いどころか必須事項になりつつある。
 来年、誰かにそれをかなえてもらうのではなく、自分でそれを作らないといけないのだと、今さら気が付いた。
 来年、それを実行することを考えながら…、よいお年を。
posted by ヨシダ マサキ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月30日

見せてもらおうか、デジタルアンプの実力とやらを

 先日だが、ネットでスピーカーユニットを買ってしまった。
 コイズミ無線で、MarkAudio CHR70v3_ Goldが7280円だったので、天邪鬼なのでFOSTEXの定番あたりを買うのは面白くないと思っていたので、あまり考えもせずにこれでいいやと決めてしまったわけだ。
 で、無事に商品が届いたのだが、肝心の箱の方をどうするか全く考えていない。
 普通の箱型を作ってもいいのだが、ちょっと違うオリジナルな物を作りたいと思っているのだが…。(初心者が失敗するパターンなのだが)
 さて、スピーカーが届いたおかげで、アンプに接続しないといけない抵抗として使えるので、アンプの評価が出来るようになった。(普通は数Wに耐えられる抵抗を接続する)
 今回の試験は、アンプにスピーカーを接続して、スピーカーの端子からPCのマイク端子に出力して、アンプに20Hzから2kHzのリープ音(段階的に周波数が上がっていく音)を入力し、出力される波形を解析して評価すると言う物。
amphyoukasesen.png
イメージ図

注意 これから行う試験は、手元に有る物を使って試験をやっているので、ノイズが入りまくったりと参考程度にしかなりません。

 ひとまず、結線が終わったのだが、PCのマイク端子のGNDは共通なので、アンプの出力を左右両方入れると壊れるので、片方だけの測定になる。
 あと、音声入力もPCからやろうとしたのだが、入力端子をアンプに接続すると、スピーカーからノイズ音が出てしまう。
 どうやら、PCから回り込んで正常に音が出ないので、音声入力はiPadを使用することにした。
 あと、波形解析用のソフトと、昔どこかで拾ってきたリープ音を使って…、以下が評価結果になる。
スペクトル解析サウンドチェック原音.png
原音の波形解析

スペクトル解析サウンドチェックアンプ.png
アンプ出力からの波形解析

 アンプ出力の黒線は、繋いで無い方のチャンネルなので、赤線を比較するとあまり違いはないような気がするが…、傾きがアンプ出力の方がなだらかな気がする。
 リアルタイム解析のソフトがあったので、そちらで見てみる。
(動画を再生する時は、音が聞こえなくてもボリュームを上げないでください。 急に大きな音がなる可能性があります。)

http://youtu.be/0ZV_yqqsW6M
原音のリアルタイム波形解析


http://youtu.be/D6uW93q5RsE
アンプ出力のリアルタイム波形解析

 あれ? 何となくだが、低音が弱いようだ。
 見た感じでは、1kHz〜10kHz帯を中心に緩やかな山になっているようだ。
 入力のカップリングコンデンサの容量の問題か?(4.7μFの無極性電解コンデンサを使用。 メカニカルシートの10倍の容量)
 まー、これがどのように影響してくるか…。
 録音されている音も、歪んだりしているようには聞こえないので、たぶん大丈夫だろう。
 後は、スピーカーの作成だが…、色々とアイデアはあって、実験しながら作りたいが、ある程度形になったら公開します。(いつになるやら…)
posted by ヨシダ マサキ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記